トーシンパートナーズで資産運用~不動産投資マジック~

サラリーマンの副業

不動産

物件選びの重要性

サラリーマンの副業は今や珍しいことではなく、株式投資やFXそして投資信託やせどりなど様々な副業を行っている人がいます、不動産投資を副業として行っている人も少なくなく、アパートなどの投資物件を購入し毎月の賃貸収入を得て、物件購入金額を上回る時から利益を得ることになります。不動産投資で成功するかどうかは投資物件選びが重要となります。アパートなど新築など新しくてオシャレでセキュリティもしっかりしているところが人気がでますが、そういった物件は割高になり初期投資も高くなります。そうなると利益が出始めるタイミングも遅くなってしまいます。なので投資物件を購入する投資額とその後の収益検討を十分行ってから物件を決める必要があります。

地域選び

アパートなど収益物件を選ぶための調査としてはまず購入する地域選びからとなります。ファミリー層が多い地域か学生など一人暮らしが多い地域などどのような収益物件を購入しようとするのかを決めてから地域を選ぶ方法もあります。一人暮らしが多い地域であればワンルームマンションが人気となりますし、ファミリー層が多い地域であれば3LDKなど広めのマンションが人気となります。この地域傾向を掴まずに収益物件を選んでしまうと思ったように賃貸人が集まらずに空室率が高くなって、初期投資額さえ回収できないといった事態になりかねません。そうなると手元にアパートなどの購入した投資物件のみが残ってしまい、毎年の固定資産税も支払わなければならないということになります。